コロナ禍の婚活、アラサー独身、オンラインも利用してお見合いの出会いを続ける。

● コロナ禍の婚活、アラサー独身、オンラインも利用してお見合いの出会いを続ける。

こんにちは。牧野慶子です。

早く結婚を決めたい場合、コロナ禍の婚活は、状況に合わせて対応を変える。

決して止まらないということです。

コロナ禍だからこそ、結婚を決めたいと婚活し、アラサー独身の結婚が決まっています。

昨年、成婚いただいた方の事例をみていきますと、緊急事態宣言下のコロナ禍でも、オンラインに切り替えたり、会うお見合いも続ていました。

お見合いは、ホテルのカフェラウンジでの出会いですので、どこもホテルは天井が高く、巷のチェーン店や小さなコーヒー店とは違いますから、ゆったりと席を設けています。

広さに対して実際に入店している人の人数は少ない。

また、入店時には検温、消毒、マスク着用必須ですので、安心して会うことができます。

中には、テーブルに感染対策用の仕切り版があるところもあります。

お見合いの二人が、最初のご挨拶での顔見世と、飲み物を飲む時以外は、マスク着用でお話することで安心してお見合いができます。

そして、お見合い時間は、1時間前後、あまり長居はしません。

お見合いでも、交際に繋がるテクニックとして、あまり長々と話こまないことです。

出会えて楽しかったなと短時間に思えば、また会いたいとなるからです。

長々と話して、2時間も一緒にいて、その場で満足して終わるケースもあるからです。

また、一方的に話をしているようならば、相手は心の中では終わらないかなと思いつつ、付き合ってくれているだけということもあります。

お見合いで、1時間弱で楽しく話が出来たとなれば、もう少し会ってみようかと仮交際になるのです。

オンラインもしかりです。自宅だからといって、長く話しません。

オンラインの場合は、集中して話ますので、疲れます。40分、1時間弱がちょうど良いです。

コロナ禍での対応をしっかり身につけて、出会っていきます。

最近のコメント