婚活で真剣交際になり、結婚に向け確認する重要6項目

こんにちは。牧野慶子です。

お見合いの出会いで、何人にも会っていくと、他の人とは違う感覚を覚える相手に出会うことがあります。

初めて会ったのに、話し易い、最初から自然体でいられる相手に出会うことがあります。

今まで出会った人とは違う感覚を味わいます。

出会い続けていると、この人は今まで出会った人と違うと感じて、交際からスムーズに本交際(真剣交際・1対1交際)になることがあります。

そして、本交際の1対1交際になったら、グッと結婚の話をするようになります。

婚活は、結婚の相手を探す活動、結婚のお相手として同じ方向を向いて歩めるかを確認します。

①子供が欲しい?

②金銭感覚やお金の話(預貯金など)

③時間の使い方、お休みは一緒にいつもいたい?1人の時間も必要?

④結婚後の異性との付き合い方。一緒に食事してもダメ?今までの出会いや過去のお付き合いについて(言えれば)

⑤住居 どの辺りに住みたい。賃貸それともすぐに購入したい。いずれ購入したい。戸建、マンション。

⑥お互いの家族との付き合い方(親が介護が必要になったらどうする?)

以上、6項目、出会いが婚活だから話し易いところはあります。

全部話をして、違和感がなければ、先に進めます。お互いの意見を取り入れて、話し合いが進みます。

まとまると、気持ちも付いて来て、結婚しても大丈夫と安心して安定感に変わります。

{この人なら、大丈夫。何があっても同じ方向を向いていける}

お見合いの出会いだからこそ、話し合いが冷静に出来ます。

そして、話し合いが出来る2人の安定感からより気持ちが入り、結婚が現実となるのです。

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました