コロナ禍の婚活、半年以内の婚活で結婚を決める方法

吉祥寺 結婚相談所

● コロナ禍の婚活、早く結婚決めたい。半年以内の婚活で結婚を決める方法

こんにちは。牧野慶子です。

結婚相談所の婚活で、1年以内の結婚を目指す方が多いのですが、その中でも、半年以内、数ヶ月で結婚が決まることがあります。

半年以内、数ヶ月以内で結婚が決まることは、稀ではなく、よくあることです。

若ければ早いとか、年齢とは関係ありません。50代半ばで2ヶ月弱で結婚が決まった人もいます。

半年以内、数ヶ月以内で結婚が決まる人に共通の活動の仕方があります。

実は2パターンあります。

【Aのパターン】

  1. とにかく、入会したら、最優先でお見合いと仮交際のデートを入れられるように日程を開けてある。
  2. 新会員入会欄にプロフィール掲載される入会バブルのお見合い申し込みも受けながら、自らお見合い申込もしながら、お見合いを決めていく。
  3. ほぼ1ヶ月限定で、対面では1日マックス2件、オンライン3件、平日も可能な場合は1件。入会最初にまとめて会っていく。
  4. お見合いで会ったら、仮交際にするか会った感じで返答。一度に同時進行は一瞬でも3人、通常は2人です。
  5. 同時進行の2人と会いながら、交際1ヶ月から1ヶ月半で1人に絞ります。
  6. 1人に絞っていった時点で、結婚のお相手候補となります。結婚観の話は同時進行している時に話が済んでいて、真剣交際になって、伝えるべきことや実際に結婚生活の話をすり合わせます。
  7. お見合いから3ヶ月前後でプロポーズとなります。スタートダッシュでお見合いの出会いを入会1ヶ月以内に数人と会うため、短縮でき、交際だけを集中して結婚に結べる相手に会えいきます。

【Bのパターン】は、Aのパターンの3のところで、最初の3人から5人程度に会った中で、仮交際から一人に絞り、そのまま真剣交際になるパターンです。

数ヶ月で結婚が決まるパターンになります。

詳しく見ていきます。

1.入会したら、婚活を最優先で日程をとっていきます。他の用事は入れないようにします。

早く結婚を決めたい場合は、半年なり数ヶ月なりを、他の予定より婚活を優先するようにします。

コロナ禍なので、自分の予定は立てやすいですね。

婚活に休日の時間を優先的に割く、1ヶ月限定の活動方法です。

それ以上続くと、婚活疲弊になりかねませんので、いつまでと決めます。

2.紹介型の婚活ではありませんので、率先してお見合い申し込みをしていきます。

どんなにたくさんお見合い申し込みが入っても、自分からの申込は100%受けてもらえるということはないです。

申込をして相手が受けてくれて、相手の申込を受けてお見合いが決まります。

選ぶこともできますが、相手からも選ばれることで、お見合いが決まります。

受けてばかりだとしたら、婚活プロフィールの内容を写真も含め、自己PR文、推薦文と見直しが必要です。

3.一日に会える条件を決めておく。

過去にモテモテの男性会員様、一日4回のお見合いにチャレンジ、お薦めしなかったのですが、どうしてもと実行しました。

結果夕方と夜の部、3回目と4回目のお見合いは、話が頭に入らなかったそうです。

その後、やはり一日2回までとされました。

4.お見合いであったら、仮交際に進むか決めます。その時に、今の生活の中で、毎週会えていける人数を決めます。

LINEのやり取りも含めると、一瞬マックス3人が良いところです。同時進行は2人が良いところですね。

5.2人と毎週会っていって、1ヶ月、1ヶ月半で1人に絞ります。結婚観を話してみる。少し確信に触れていきます。

6.一人に絞ったら、結婚相手として結婚後の生活について、考えのすり合わせを行います。

気持ちが入って、好きだからだけでは結婚は決まりません。

同時に、少し先の結婚生活が同じ方向向けるか、すり合わせていきます。

結婚に関する、より深い話をすることによって、距離感がぐっと縮まり、安心して気持ちも入っていきます。

短期間ですが、まずは、結婚したい気持ちを、一定期間婚活優先に時間を割くと考えて、行動します。

 

 

 

最近のコメント