33歳男性、活動期間7ヶ月半、結婚が決まりました。

● 33歳の男性の結婚が決まりました。

婚活期間:7ヶ月半 お相手:29歳の女性様 交際期間:6ヶ月

Q  婚活を始めようと思ったきっかけは?

  1. 数年前から始めた趣味の関係で、既にご結婚されている年上の友人が増えたことがきっかけでした。私の周りには、既婚者が少なかったので、正直それまで、あまり結婚を真剣に考えたことはありませんでした。しかし、家族を持つ友人が増え、その話を聞いているうちに、私もだんだんと家族を持ちたいと考えるようになりました。
  2. あまり褒められた理由ではないですが、引っ越しを考えたことがきっかけでした。一つ目のきっかけだけでは、まだ踏ん切りが付かなかったですが、1年ほど前から引っ越しを検討し始めまして、一度の引っ越しで結構な費用がかかりますから、いっそこれを機に、婚活を始めよう、と決めました。(笑)

Q 数ある婚活サービス(アプリ、パーティーなど)の中で、スイートメイプルの結婚相談所を選んだ理由を教えてください。

マッチングアプリや合コンイベントと比較して、結婚相談所は、初期費用、月額料などとそれなりの金額が必要だったからです。

実はこれまでマッチングアプリや合コンイベントといったものを一度も利用したことがなかったので、正直どういった方と婚活サービスで出会えるのか、全く見当もつきませんでした。

ただ、真剣に結婚のことを考えると、相手も真剣に結婚を検討している方と出会いたいな、と……。

これだけの費用が掛かるのであれば、登録している方は、みんな真剣に違いないと思い、私も登録しました。

Q 入会前と後での結婚相談所のイメージを教えてください。

入会するまでは、結婚相談所というと、「相手の紹介がメイン」だと思っていました。あなたに合いそうな方は、この方ですよと、紹介いただき、後は自由にといったイメージです。

しかし、実際に入会して婚活を始めてみると、交際が始まった後、さらに成婚後の将来に向けてのサポートが手厚いと感じました。

特に育児や老後といった将来に備えての準備は、これまでにほとんど考えたことがなかったので、プロの人が私たち二人と一緒に丁寧に目標立てをしてくださって、大変に助かりました。

Q 活動中のお悩みや苦労したことを教えてください。

デート用に新たな服を揃えることとなったため、準備でだいぶお金を使うことになってしまいました。これまで、服装に関して全く無頓着で、ここ5年間でシャツやズボンを2~3着購入したかどうかといったレベルでしたし、それもデートに着るような服ではなかったので、本当に一から全て揃えたかたちですね。

おそらく、社会人になってからこれまでに購入した服の合計金額よりも、婚活のために購入した服の金額のほうが高いくらいだったと思います。

Q 活動中のお悩みや苦労をどのように乗り越えられましたか。

これまで他人よりも使っていなかった部分なわけですし、一緒に歩いている際に相手に恥ずかしい思いはさせたくないと思ったので、ここは割り切りました。

とはいえ、苦労したことはこれくらいです。

成婚のお相手の女性とも活動開始してすぐに巡り会えましたし、とても幸運でした!

Q アドバイザーから受けたサポートで印象に残っているアドバイスを教えてください。

定期面談でいくつものアドバイスをいただきましたが、一番印象に残っているのは、「合わない相手だと思ったら、すぐに交際をストップすれうばいい」と何でもないことのように言ってもらえたことです。

婚活のシステム上、複数の相手と期間が重なって会うこととなりますが、私は断るという行為がとても苦手で……。相手から断られるなら、特に気にならないものの、自分から交際を止めるのは、なかなか勇気がいりました。

だから、アドバイザーさんにそう言ってもらえたことで、婚活ってそういうものなんだ、と割り切って考えられるようになりました。

Q ご成婚のお相手女性様にお見合いの申し込みをした理由を教えてください。

お相手の女性様のプロフィールの担当カウンセラーさんのPRコメントを拝読しまして、一つには明るい雰囲気が文面から伝わってきたこと、もう一つは、お相手の女性様もクリエイティブな趣味をお持ちなことでした。

私は趣味で小説を、お相手女性様は手芸を、とお互いに作っているものは異なるのですが、こういった創作の趣味を理解してくださる方だと思い、申し込みをしました。

Q ご成婚のお相手女性様に初めてお会いした時の印象を教えてください。

恋人というより親友になれそうな人、という印象でした。(笑)

曖昧な言い方になってしまうのですが、波長が合うというのか。お見合いというと、まずは探り探り、お互いのことを知っていくというイメージでしたが、すぐにどちらも話が脱線、もう片方もそれについていけるので、なかなか本来の目的に戻れず。気づいたらあっという間に、制限時間が過ぎてしまい、まだお互いの趣味の話に触れたかどうかという段階でお見合いが終わってしまいました。

ずっと一緒に居たい親友という感覚は、結婚を決めた現在でも残っています。むしろだからこそ、長年連れ添いたいと思える方ですね。

Q 真剣交際、プロポーズを決断された理由やきっかけを教えてください。

≪真剣交際≫

アドバイザーさんとの面談で、真剣交際の言葉が出たのがきっかけです。

考えてみると、すでに、ご成婚のお相手女性様とのやり取りが楽しく他の方との交際は終えている状態でしたので、「あれ、別に仮交際の段階を続ける必要性はないな」と思いました。

そして思い立ったが吉日といいますか、次のデートで真剣交際を申し込むことに決めたんです。が、思い立ったが吉日と言いながら、当日は今までのデートで一番緊張しました。

デートの最後に入った喫茶店で伝えるつもりだったのに、気付いたら普段通りのおしゃべりをしていたら閉店時間に…結局帰る途中に伝えるかたちになってしまいました。

≪プロポーズ≫

お互いに相手のダメなところが見えた段階でも、最初期からの楽しい会話が続けられていると感じたからです。

ダメなところと書くとネガティブですが、背伸びし続けていても結婚した後にうまくいかないと思われます。

結婚した後も、きっと今のような感じで続いていけると確信を持てたとき、プロポーズをすることを決断しました。

≪プロポーズのエピソード≫

私はかなりうっかりが多いのですが、大事なプロポーズの当日の朝、ズボンを汚してしまいました。

なんとかぎりぎりシャツで隠せないかなあと思っていたのですが、速攻でお相手の女性にバレてしまいました。そして、お相手の女性は、笑いながら拭いて上手に消してくれて後に、「これからもこんな風に、どこか抜けているのが、うちらっぽいよね。」と言ってくれました。

こんな自分を許容してくれたのが、すごく嬉しかったですね。

Q 結婚相談所での活動前と後で、ご自身の意識や行動に変化はありましたか。

元々個人の趣味を理解してくれる方、という方向でお相手を探していたこともあってか、私自身としては以前とそこまで大きな変化はないように感じています。

ただ、以前よりも時間を気に掛けるようになったのは確実です。

これまでかなり時間にルーズで、なんでもいつもギリギリに用意をしていたのですが、さすがにデートだとそうもいかないので、前日の夜に用意するようになりました。小学生で覚えることを、ようやく覚えた感じですね。(笑)

Q ご自身の活動体験を振り返り、現在入会をご検討されている方へアドバイスをお願いします。

婚活を始めた理由や結婚において相手に求める内容は十人十色だと思います。

自分の場合、時間を大きく使う譲れない趣味があり、それを理解してくれる人は少ないのではないか、と正直言うと登録前は不安でした。

結婚相手を探すということは、どれだけ自分の中で優先度の低いものを捨てられるのか 言ってしまえば妥協点を探るということだと考えてしまっていたんです。

けれどそれは杞憂でした。

IBJは登録者数が7万名を超えています。おそらくきっとあなたにも、自分と波長が合う素敵な方が見つかると思います。

メニュー料金

 

最近のコメント