31歳独身男性、コロナ禍で出会いがなく婚活アプリでの婚活を考える?

30代 婚活

● 31歳独身男性、コロナ禍で出会いがなく婚活アプリでの出会いを考えるが。

こんにちは。牧野慶子です。

明日から東京は、コロナ感染症、オミクロン株の広がりから蔓延防止等重点措置が2月13日まで適用されます。

コロナ禍も3年目に入ろうとかとしています。リモートワークが定着して、外出も控え、出会いがないまま過ごしている独身者も多いと思います。

コロナ禍でも婚活は動いています。実際会うお見合いやオンラインお見合いも定着しています。

コロナ禍だから結婚したいとご成婚も立て続けに決まっています。

男性も31歳となると、そろそろ結婚を考えます。

一昨年は、20代後半だったので、まだ余裕があったでしょう。

昨年は30歳になって、コロナ禍で出会いはないまま。

30歳となると、友人の中には、学生時代から付き合っていた女性と結婚をしたと、年明けの連絡で知ることも。

20代後半から30代前半、結婚ラッシュは男性にもあります。

出会いもないと焦りますよね。

コロナ禍ということもあり、手軽な婚活アプリに登録をする男性が増えています。

それで、コロナ禍、婚活アプリに男性が殺到、いいね!をたくさんの女性にするが、なかなか女性に会えないということが起きています。

結婚相談所は、安心して婚活できるという観点から、結婚したい独身女性がたくさん登録されています。

安心して婚活できるという意味は、活動している男女は独身者のみ。結婚する相手を見つけるために、独身証明書や収入証明、学歴証明を等々を取って入会します。

婚活アプリには、既婚も、婚活目的ではない人達も混ざっているのが現状。

婚活アプリの出会いで、相手が独身者の女性であっても、結婚目的じゃない、ご飯目的だったりと遊び目的だったりということもあります。

独身男性で結婚相手を見つけようと思っていて、やり取りをクリアして会えたと思ったら、1回で終了なんてことを繰り返していたら嫌気もさします。

数ヶ月行っても結婚相手に出会えなければ、または全く出会えないのであれば、出会う方法を見直した方がいいでしょう。

上手くいっている時はいいのですが、そうでない時はへこみます。

時間だけが過ぎ去っていきます。

結婚相談所の出会いは、お見合いの出会い、申し込みをして相手がOK返事で受けてくれた時、女性からお見合いの申し込みをもらってOK返事で会うことが決まります。

お見合いは、オンラインお見合いも、実際会うお見合いも可能です。

会うまえに、面倒な直接のやり取りがありません。

事前にプロフィールを読んで、会ってみての感覚で仮交際に進むか否かが決まります。

仮交際では、連絡を取り合ったりしますが、メインは毎週1回会っていきます。

仮交際中は、お互いを知る期間を加速するためにも、やり取りはします。いつ会うかという業務連絡以外にも、お互いにやり取りができるといいですね。

やり取りの仕方や回数など、事前に得意不得意もあるでしょうから、どの程度と聞いておいても良いでしょう。

仮交際になるとLINEを利用して、やり取りする人がほとんどです。

婚活アプリとの違いは、仲人型の結婚相談所の場合、交際中のサポートもありですから、心強いところです。

コロナ禍ですと、緊急事態宣言下や蔓延防止等重点措置の時期には、どういったところでデートができるのかとか聞かれて、アドバイスをしています。

実際に、お相手女性のことを気に入った場合、お相手もどのような感触なのか、相手の担当者に確認することもあります。

仲人型の結婚相談所の場合、交際中の悩み相談もできるということです。

交際期間が決まっているので、タイミングを逃さず、真剣交際に移行したり、結婚観についても早い段階で話題として話ができます。

IBJ日本結婚相談所連盟では、お見合いから3ヶ月の交際をもってプロポーズを目指して活動をすることは、他の相談所に所属していても承知の上での婚活となります。

短期間に中身の濃い婚活ができます。

例え、お見合いで会った人と交際にならなくても、また仮交際が続かないとしても、得るものがあります。

それを解析分析して次の出会いに繋げて、出会い方が変わり、結婚が決まっていきます。

最初は見た目だった、男性の結婚相手の見方が、いろいろな人にお見合いで会いがあると、揺るがせないものが、わかってきます。

それが一番重要です。わかってきたら、そういう人に会えるようにする。

ただ単に、独りでいいね!ばかりを押している婚活とは違いますね!

最近のコメント