32歳男性、プロポーズをして結婚決める。

こんにちは。牧野慶子です。

30歳過ぎると男性も結婚を考えます。仕事が落ち着いてきて、プライベートも趣味もいろいろして1人の時間も満喫しきると、結婚を考えます。

周りの同僚なども結婚をしていきますしね。

32歳、婚活いろいろした結果、行きついて、お見合いの出会いで、年下の女性と恋愛になり、ご結婚が決りました。

アラサー婚活開始、婚活パーティー、婚活アプリなど、婚活しても、出会えたとしても、上手くいかない。

上手くいかなくって、自信を失くしていました。早く結婚したいと思われていました。

話を聞くと、自分が魅力がないことではなく、モテモテなカワイイ系女性にばかりにアタックしていて、上手くいっていなかったこと。本当に結婚をしたいという真剣な女性に出会っていなかったことが判明。

結婚相手は、タイプの女性ではないことも、往々にしてあることを伝えました。

そこからは、本気で結婚を考えていて、積極的に婚活している女性に気持ちを切り替えて会っていきました。

作戦としては、ピンポイントですが、プロフィールに「本気で結婚を考えている積極性のある女性」を希望とアピール。

待っているだけではなく、デート中もお店の提案も行きたいところも言える女性!男性の良さと本気度も記載。

功を奏して、女性様からの申し込みが、タイプのカワイイ系ではなく綺麗系の積極的な女性様でした。

やり取りも、ポンポンとデートも毎週、お互いの行きたいところを話し合いで決めて、念願の愛車に乗せてドライブデートも出来て、結婚が決りました。

今までは、自分がデート内容をセッティングするなど、男性が全部していましたが、彼女がデート内容を考えるとか、お店を決めてくれるとか、今までのデートとては全く違っていました。

そして、結婚の話も最初から、お互いに濃い話が出来たそうです。プロポーズをする頃には、「もう結婚後のこと話すことがないです!」と仰っていました。

交際経験がある程度あれば、自分に合う人はだいたいわかります。

交際経験が少ないと特に、思い込みでタイプの相手と焦点を絞りすぎると、婚活の難易度が上がってしまう。

経験値が少ないのに、モテモテの女性を相手するのは至難の業。

モテモテの可愛い系は、自然と男性をドキッとさせる可愛いしぐさや、帰り際ににこっと笑って「またね!」と手を振ってくれたりもします。

また、自然に、ソフトにボディータッチもして、男性をドキドキさせます。

デート後、別れてすぐの彼女の余韻に浸っている中、帰宅途中に、お礼メールを軽くくれます。

モテモテ系可愛い女性は、自然と男性のハートをわしづかみ出来るのです。

簡単に男性は、女性に気にいられたと自分に興味をもってくれていると思い込みます。

当のモテモテ系に女性にとっては、自然に誰にでもしていることなんですけれどね。

だから、勝手に男性が熱を上げやすく、のめり込み、失恋します。

自分に魅力が足りなかったからと反省するわけです。自信を失くします。

自信を失くしたら、婚活疲労にもなります。

自信を失くす前に、婚活を見直す、方法変えることです。

客観的に、自分の年齢や条件から、おおかまに相手の女性側からどう見られているのか、現状を把握すること。

そしてアドバイスや実際のお付き合い1件1件に対してサポートがあると、心強いですね。

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました